食生活と大人ニキビは関係あるかな?

 

思春期のニキビは、皮脂の分泌量を増やす食べ物をあまり食べないことで予防出来たりもします。

 

たとえば、鶏のからあげを4つ食べるところを2つにしておくとか、チョコレートを食べないようにするとか、いわゆる、ニキビケアのセオリー通りの食生活をしていると、予防は可能です。

 

女性の大人ニキビの予防に、食生活のセオリーはありません。
セオリーがあるとすれば、
「女性ホルモンのバランスが整うような食生活をしましょう」というセオリーがあるだけで、
ホルモンバランスが整う食事とは「なんでもバランス良く食べること」となります。

 

もう少し、具体的にお話をしましょう。

 

「食べすぎ」と「食べなさすぎ」に要注意

大人になると、思春期よりも激しくダイエットをする女性が増えます。
そういう行為が女性ホルモンのバランスを悪くすると、いろんなところにたくさん書いてあるにもかかわらず。

 

食べなさすぎの人は、いろんなものを少しずつ、種類多く食べるように意識をしましょう。

 

ふつうに食べている、あるいは、多少食べすぎの女性も、食生活に要注意です。

 

太るだけではありません。食べすぎがホルモンバランスの低下を招いています。

 

なかなかむずかしいことですが、

 

「カラダが」なにを食べたがっているのか?
あるいは、
食べたくないと言っているのか?
 
その「カラダの声」に素直に食事をする必要があります。
 
私たちは「目で」食べます。また「あたま」で食べます。
ケーキバイキングに行って、4つも5つもケーキを食べるのを「目で食べる」と言います。

 

バナナは別に食べたくないけど、朝はバナナを食べたらダイエットに良いからといって、無理にバナナを食べる。これを「あたまで食べる」と言います。

 

カラダが欲しがっているものを、欲しい量だけ食べるようにすれば、大人ニキビは予防できます。

 

肌をつくる成分

大人のニキビケアは、
「ニキビを予防する」という観点ではなく
「美肌はどうやれば生まれるか」という観点で
考えます。

 

そこには一定の答えがあって、
タンパク質とビタミンとミネラルをほどよく摂ることです

 

タンパク質とビタミンとミネラルと言えば、野菜中心の生活をしていると、じゅうぶんに摂取可能なものです。

 

最近の食材は、ミネラルが不足している傾向にあるので、ミネラルサプリメントを併用してもいいかもしれませんが、できるだけ、すべての栄養素を食事で補うようにしましょう。

 

ふつうに暮らしていると、タンパク質とビタミンとミネラルのどれも、自然とカラダが欲するものです。

 

女性ホルモンのバランスが良い時は、カラダがわりに健康的な食事を望むものです。そのカラダの声を聞けるかどうかが、大人ニキビが完治するかどうかにかかっています。

TOPへ