年齢によって違うニキビの原因

大人ニキビと思春期ニキビのちがい

思春期のニキビは、皮脂の分泌が過剰であるために起こります。

 

第二次性徴において、皮脂の分泌はさかんになります。
それを止めると、カラダ全体の成長自体が阻害されるので、思春期のニキビはとにかく肌を清潔に保ち、肌を保湿することでしか防ぎようがありません。

 

思春期とは成長の過程であるので、ホルモンバランスを人為的にいじってはいけないのです。皮脂は大量に分泌されるままが一番。

 

顔が脂っぽいのであれば、洗うくらいの手立てしかありません。

 

思春期に胸が大きくなったり、ヒップが大きく張るのを人為的にコントロールしたら、その後の人生において、胸が大きくならないといったケースもあり、
ただただ、過剰に出てくる皮脂を洗顔で洗う以外に方法はないのが思春期のニキビです。

 

大人ニキビについて

大人ニキビは、女性ホルモンのバランスが悪化して起こります。

 

皮脂そのものの分泌量は、思春期を過ぎて、そう多くはないのですが、ホルモンバランスが乱れて、肌が乾燥傾向になったり、脂っぽくなったりして起こります。

 

よって、洗顔をすることと併せて、ホルモンバランスを整える対策を行わないと、なかなか完治しません。

 

ホルモンバランスは、みなさんがよくご存知のとおり、
ストレスとか食生活の乱れとか、睡眠不足など、
なんでもないちょっとしたことが原因ですぐに乱れるものです。
 
なんでもないことで乱れたホルモンバランスは、肌に住んでいるアクネ菌の数を増やして、大人ニキビを生んだり、逆にアクネ菌の数を減らしてニキビを生んだりします。

 

これも菌の数をどうにかすると言うよりも、女性ホルモンのバランスをどうにか整えて治すべきことであるので、大人ニキビは非常に治りづらいのです。

 

>>ホルモンバランスにアプローチしたニキビケア商品はこちら<<

 

大人な勘違いに要注意

大人ニキビができると、どうしてもニキビケア用品を買って使いたくなります。

 

また、大人ニキビの用品は、お手軽な価格で売っているので、多少、お金を自由に使える大人たちはよく購入します。しかし、そこには2つの落とし穴があります。

 

(1)根本的に女性ホルモンのバランスを整えることをしないと完治しない

大人用のニキビケア商品を買うくらいであれば、ホルモンバランスを整えること、
たとえば、半身浴をするとか、骨盤矯正をするとか、そういうことをしたほうが、まだ治りが早い場合があります。

 

(2)ニキビケア用品は、肌への刺激が強い成分たくさん入っていることが多いコト

皮脂は、しっかりと取り除けます。
しかし、肌の保湿のために必要な皮脂まで、ごっそりと洗い落としてしまうことになることがあります。

 

肌は常に保湿と低刺激が条件です。
天然の保湿成分である皮脂をたくさん取り除いて、さっぱりしたい気持ちはわかりますが、洗浄力がマイルドな弱酸性のスキンケア用品を使わないと、乾燥するたびに、肌は皮脂を過剰に生みだします。
どこかで悪しきサイクルを立ち切る必要があると言えます。

page top