顔そりがニキビ予防に効果的!?

顔そりと言うと肌を痛めてしまうのではないかと心配される人もいますが、正しい処理を行えばお肌に嬉しい効果がたくさんあるんです。

 

顔にうぶ毛が生えたままだとうぶ毛が邪魔して、メイクのノリが悪かったり、スキンケア成分の肌への浸透力が低くなったりしまいます。
更に、うぶ毛により実際の色よりも肌が濃く見えてしまうことも。

 

顔そりを正しく行うと、肌荒れやくすみの原因となる古い角質を除去して肌のターンオーバーを活性化してくれるため、透明感のある美肌作りに効果的。
またうぶ毛を除去することで、スキンケア成分を肌に浸透させる邪魔がなくなるので、肌への浸透力も上がってスキンケア効率も向上します。

 

更に、顔そりはニキビを予防する効果もあります。
肌の皮脂や汚れはうぶ毛に絡まりやすい傾向があり、うぶ毛に絡まった皮脂や汚れが毛穴詰まりを引き起こしニキビを発生させてしまいます。

 

そのため、うぶ毛を処理する顔そりは、ニキビ予防にも効果的なのです。
ニキビが出来ていている時に顔そりをしたり、肌が敏感な状態の生理前に顔そりをしたりするのは、肌を傷付けてしまう危険性があるので避けるべきですが、生理後の肌が落ち着いている状態に定期的に顔そりを行うとニキビ予防に効果的でおすすめです。

顔そりの方法

まずは、肌を傷つけないために必ずクリームを顔全体に塗って、明るい場所で丁寧に行うようにしましょう。
カミソリを手に持ち、もう一方の手で肌を引っ張るようにして剃っていきましょう。
毛の生えている向きに沿って剃ることを心がけ、顔の上から下へと進めて行くとスムーズです。また、肌への負担を考えて同じ場所を何度も剃ったりするのは避けましょう。

 

カミソリは、必ず清潔なものを使用し、終わった後にはスキンケアをすることも大切です。
顔そりをするのは、2週間から3週間に1度くらいの頻度が理想的。

 

その際、繰り返しになりますが、肌荒れしている時や生理前の肌が敏感な時期は避けるようにして、生理後の肌が落ち着いている時期を選ぶようにしましょう。

 

また、外出前に顔そりを行うのも避けたぼうが無難です。
慌てて顔そりをすると肌を傷つけてしまう危険性もありますし、処置後の敏感になっている肌が外出先の紫外線などの刺激でトラブルを起こす危険性もあるからです。

 

カミソリでうぶ毛を処理することに恐怖心や抵抗がある人は、顔そり用のシェーバーで処理することもおすすめ。
角質を除去することは出来ませんが、うぶ毛を剃ることは出来るので、ニキビ予防や顔のトーンアップ、スキンケア効率の向上に一定の効果が期待できますよ。

顔そりと言うと肌を痛めてしまうのではないかと心配される人もいますが、正しい処理を行えばお肌に嬉しい効果がたくさんあるんです。

 

顔にうぶ毛が生えたままだとうぶ毛が邪魔して、メイクのノリが悪かったり、スキンケア成分の肌への浸透力が低くなったりしまいます。
更に、うぶ毛により実際の色よりも肌が濃く見えてしまうことも。

 

顔そりを正しく行うと、肌荒れやくすみの原因となる古い角質を除去して肌のターンオーバーを活性化してくれるため、透明感のある美肌作りに効果的。
またうぶ毛を除去することで、スキンケア成分を肌に浸透させる邪魔がなくなるので、肌への浸透力も上がってスキンケア効率も向上します。

 

更に、顔そりはニキビを予防する効果もあります。
肌の皮脂や汚れはうぶ毛に絡まりやすい傾向があり、うぶ毛に絡まった皮脂や汚れが毛穴詰まりを引き起こしニキビを発生させてしまいます。

 

そのため、うぶ毛を処理する顔そりは、ニキビ予防にも効果的なのです。
ニキビが出来ていている時に顔そりをしたり、肌が敏感な状態の生理前に顔そりをしたりするのは、肌を傷付けてしまう危険性があるので避けるべきですが、生理後の肌が落ち着いている状態に定期的に顔そりを行うとニキビ予防に効果的でおすすめです。

顔そりの方法

まずは、肌を傷つけないために必ずクリームを顔全体に塗って、明るい場所で丁寧に行うようにしましょう。
カミソリを手に持ち、もう一方の手で肌を引っ張るようにして剃っていきましょう。
毛の生えている向きに沿って剃ることを心がけ、顔の上から下へと進めて行くとスムーズです。また、肌への負担を考えて同じ場所を何度も剃ったりするのは避けましょう。

 

カミソリは、必ず清潔なものを使用し、終わった後にはスキンケアをすることも大切です。
顔そりをするのは、2週間から3週間に1度くらいの頻度が理想的。

 

その際、繰り返しになりますが、肌荒れしている時や生理前の肌が敏感な時期は避けるようにして、生理後の肌が落ち着いている時期を選ぶようにしましょう。

 

また、外出前に顔そりを行うのも避けたぼうが無難です。
慌てて顔そりをすると肌を傷つけてしまう危険性もありますし、処置後の敏感になっている肌が外出先の紫外線などの刺激でトラブルを起こす危険性もあるからです。

 

カミソリでうぶ毛を処理することに恐怖心や抵抗がある人は、顔そり用のシェーバーで処理することもおすすめ。
角質を除去することは出来ませんが、うぶ毛を剃ることは出来るので、ニキビ予防や顔のトーンアップ、スキンケア効率の向上に一定の効果が期待できますよ。
4.オイルクレンジングを止めるとニキビが治る!?
 ニキビ対策には、洗顔の見直しと同様にクレンジングの見直しも大切。メイクは普通の洗顔料や洗顔石けんでは落とすことが出来ないので、クレンジングを使う必要があります。メイクを落とすクレンジングは肌への刺激が強過ぎることもあるので、ニキビ予防のためには正しい知識を持ってクレンジングを選ぶ必要があります。
 メイクがよく落ちるのでオイルクレンジングを愛用している人も多いかと思いますが、実はニキビ肌にはオイルクレンジングはNG。オイルクレンジングがニキビの原因となることがあるので注意が必要です。

 

オイルクレンジングはニキビの栄養源
 メイク成分は油性です。油性のメイクを落とすには単なる水では不十分で、油で馴染ませることが必要となります。オイルクレンジングにもメイクを落とすために油が含まれていますが、この油が実はニキビの栄養源となってしまうのです。
 アクネ菌の栄養源が人間の皮脂であるように、ニキビの元となるニキビ菌の中には、オイルクレンジングの油がニキビの栄養源となってしまうものがあり、オイルクレンジングを使うだけでニキビを発生・悪化させてしまうこともあります。
 また、オイルクレンジングは肌にのせてメイクと馴染ませた後、水やお湯でオイルを乳化させて洗い流すという使い方をしますが、オイルクレンジングをよく洗い流せていない場合も多く、肌に残ったオイルクレンジングがニキビなどの肌の炎症トラブルの原因となることも多いようです。オイルクレンジングを完全に洗い落とすためにはかなり長いすすぎの時間が必要となるのですが、多くの人は完全にすすぎ流す前に止めてしまい、すすぎ残しが残ってしまうケースがほとんどです。
 更に、オイルクレンジングの独特のテクスチャーもニキビを悪化させる原因の一つです。オイルクレンジングはサラサラとしたテクスチャーが多いために、肌にのせてニキビと馴染ませる工程でどうしても肌を強く擦ってしまいがち。こうした肌を擦る刺激によって、角質層が厚くなり毛穴が詰まりやすくなって、ニキビが発生・悪化してしまうこともあるのです。
 こうしたことから、オイルクレンジングはニキビ肌には適さないと言えます。

 

ニキビ肌に適したクレンジングは
 では、ニキビを解消するにはどのようなクレンジングを選ぶと良いのでしょうか。おすすめは、クリーム・ミルクタイプのクレンジングです。クリーム・ミルクタイプのクレンジングは油分が控えめなため、ニキビ肌に刺激を与えすぎないようにマイルドで肌に優しいのがポイントです。また、肌触りや洗い上がりがソフトなため、過剰に洗いすぎることなく肌の水分量をキープしてくれます。お肌に優しく潤いをキープすることが出来るので、ニキビを発生・悪化させにくいのです。
 ニキビが出来やすい人、繰り返しニキビで悩んでいる人はクリーム・ミルクタイプのクレンジングに切り替えると大人ニキビができにくくなりますよ。

顔そりがニキビを予防するってホント!?関連ページ

ニキビ対策になるサプリ
ニキビを治すためにはいろんな栄養素が必要になってきます。それらを食事で全てまかなうのは大変なので、上手にサプリメントを活用していきましょう。
ニキビを治すための正しい食生活

私たちの体は、食べた物の影響がそのまま体に出ます。
なるべくニキビができにくい食物を摂取して、ニキビを撲滅させましょう!
正しい洗顔方法
ニキビ対策に欠かせないのが洗顔です。
オイルクレンジング、ジェル洗顔、泡洗顔などいろいろありますが、果たしてどれが一番正しい洗顔方法なのでしょう。
誘導型化粧水でニキビケア
ニキビケアで大事になってくるのは化粧水です。
何でもいいからつければいいというわけでもなく、きちんとニキビに有効なものを選んで使いましょう。
大人ニキビ改善のために、お風呂につかろう!
最近ではお風呂よりシャワー派の人が増えてきました。しかしお風呂はお肌やニキビにいいこと尽くしなのです。シャワー派という人もニキビ改善のためにお風呂派になってみませんか?
オロナインはニキビに効くってホント?
思春期の頃、ニキビで悩んだことがある人はオロナインを使ったことがあるのではないでしょうか。
果たして、オロナインの実際の効果とはどうなのでしょう。
ニキビができたときのメイク方法
社会人になるとメイクが欠かせなくなりますが、ニキビができてしまったときは困りもの。メイクをしないわけにもいかないし、でも早くニキビは治したい・・・そんなときの対処方法を紹介します。