生理前ニキビはなぜできる?

生理前ニキビの対処法

生理前になるとホルモンバランスの乱れによりニキビや吹き出物ができやすくなります。

 

生理前にできたニキビはしばらく経つと自然に治りますが、
また生理前になるとニキビができるというように、繰り返す傾向があります。

生理前ニキビができる仕組み

排卵期から次の生理が始まるまでの時期を黄体期といいます。

 

この期間中には、プロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれる女性ホルモンの分泌が増加します。
プロゲステロンは男性ホルモンと似た作用があるため、皮脂分泌が増加してニキビや肌荒れを引き起こしやすくなります。

 

男性ホルモンと似た働きであるために、男性のヒゲが生える部分である口周りや顎周りにニキビができてしまうのが生理前ニキビの特徴です。

 

また、肌が不安定になり、シミや色素沈着ができやすい時期でもあるので注意が必要です。

生理前ニキビの対処法

生理前ニキビの対処法の第一歩は、自分の生理周期を知ることです。
基礎体温を測って自分の生理周期を知ることが大切。

 

排卵が終わって黄体ホルモンの分泌が増加し出すと、黄体期となり黄体ホルモンの影響で体温が上がり始めます。

 

この生理前の高温期は体に熱がこもりやすくなるので、肌荒れなどの炎症が起こりやすいと考えられています。

保湿中心のシンプルケアを徹底する

生理前の肌はホルモンバランスの影響で不安定でデリケートな状態です。

 

ちょっとした刺激でも肌荒れが起こりやすい状態なので、ニキビ対策のために新しい化粧品を試したり過度なピーリングをしたりするのは控えるようにしましょう。

 

代わりに、油分や刺激が少なめのスキンケアで保湿を心がけるというシンプルなケアを徹底すると良いです。

洗顔をやり過ぎないようにする

生理前はホルモンバランスの影響で皮脂分泌の量が増えます。

 

皮脂分泌が多いからと言って過度に洗顔をしすぎるのは避けてください。
 
皮脂を取りすぎると肌が乾燥してしまい逆に皮脂分泌を活性化させ毛穴詰まりを引き起こしてニキビができやすくなってしまいます。

 

低刺激の洗顔料を使って、いつもより丁寧に洗顔をするようにするので十分です。

脂っこい食事を控える

生理前は皮脂分泌が増えるだけでなく、気持ちがイライラして暴飲暴食に走りがち。

 

脂っこい食事やチョコレートなどの刺激物を食べるのは出来るだけ控えましょう。

 

また、普段よりも意識して抗酸化作用の強いビタミンCを多く含む野菜やフルーツを多めに摂るように心がけると良いです。

 

また、東洋医学の見地からは生理前は体に熱がこもって便秘になりやすいと言われています。

 

便秘はニキビ発生の元ですので、食物繊維を多く含む野菜を多く摂ったり腸内環境を整えるヨーグルトや納豆などの発酵食品を多めに摂るのもおすすめです。

睡眠をたっぷりとる

生理前は肌が敏感な状態になります。

 

肌体力を回復させるためにも、理想的な睡眠時間である7時間程度の睡眠は確保しておきましょう

page top