大人ニキビケアの基本

 

大人のニキビケアの基本は、肌の保湿です。

皮脂が毛穴に詰まっているからといって、顔をごしごしと洗ってはいけません。

 

 

洗顔フォームは、肌への刺激の少ない弱酸性のものを使用します。
その洗顔フォームで強く顔をこするのではなく、
洗顔フォームをじゅうぶんに泡だてて
泡をクッションとして顔を洗います。


 

 

顔を流水ですすいだら、タオルで顔をこするのではなく、
やさしく押すようにして顔の水分を拭き取ります。
これで、顔の保湿に必要な皮脂を過剰に洗い落とすことなく洗顔が終了します。

 

 

洗顔後は、化粧水をつけて乳液をつけます。
コットンでパタパタと顔をたたく女性もいると思います。

 

しかし、肌に刺激を与えることはよくないので、パタパタとたたかないで、
化粧水などを染み込ませたコットンを、顔に軽く押し当てるようにしましょう。

 

顔の洗いすぎのメカニズム

二キビができているのは、まさに洗いすぎが原因です。

 

顔は、じぶんで再生する能力を持っているので、顔の肌が乾燥すれば、皮脂は自動的に生まれます。
顔の洗いすぎで、常に顔が乾燥しているので、いつもいつも皮脂が生まれてきて、ニキビが生まれてしまいます。

 

ニキビがあって気持ち悪いから、顔をしっかりと洗いたいという気持ちはわかりますが、
顔の洗いすぎを卒業しないと、皮脂は延々と分泌されつづけます。

 

顔を過剰に洗うコトをやめて、多少、気持ち悪くてもガマンをする。
こういう時期を経験しないと、皮脂の分泌量は適量にならないのです。

 

ビタミンを味方につけてみましょう

大人のニキビは、女性ホルモンのバランスの乱れからきている場合が多いので、

洗顔に解決を求めるだけでなく、カラダのなかからお肌を美しくすることもやってみましょう。

 

女性ホルモンのバランスを良くする方法はたくさんありますが、その1つにビタミンを意識して摂取するという方法があります。

 

美肌にはビタミンとよく言われますが、
ビタミンは美肌づくりだけに貢献しているのではなく、
女性ホルモンの正常な分泌にも貢献してくれています。

 

ビタミンについては、顔に塗るのがいいのか、食べ物として体内に入れたほうがいいのか、その科学的な論拠に乏しく、塗るビタミンもたくさん売られています。

 

フルーツでも食べながら、ビタミン配合の美容液を塗ってみるといいかもしれませんね。

 

肌の保湿をしつつ、ビタミンを体内外から摂取していると、そのうち、大人ニキビはきれいに消えることもあります。

その大人ニキビ、顔の洗いすぎが原因です!関連ページ

オイルクレンジングを止めるとニキビが治る!?
ニキビケアで大事なのが化粧落とし。あなたはどんなクレンジングを使っていますか?もしオイルクレンジングを使っている人は要注意です。その理由をこのページで紹介します。
運動で大人ニキビを撃退しよう
大人になってから運動する時間が
ぐっと減ったという方も多いはず。
実はそれが大人ニキビの原因かもしれません。
美容のためにさっそく運動を始めましょう!
ニキビの対策方法

ニキビケアは洗顔後のスキンケアが一番重要と思いがちですが、普段の生活にもニキビケアのためにやってほしい大切なことがあります。
小さなことからこつこつと始めて、ニキビのないお肌を取り戻しましょう!