オイリー肌のニキビケアテク

オイリー肌の原因

肌質は個人差のかたまりですから、オイリー肌の原因を1つに特定することはできませんが、オイリー肌の人は、どちらかというと、顔を洗いすぎであり、刺激の強い化粧水を使う傾向にあります。
 
顔を洗いすぎると、肌は乾燥します。アルコールやエタノールをたくさん配合した化粧水をつかっても、肌は乾燥します。

 

肌が乾燥すると、皮脂はたくさん出てきます。

 

肌はみずからを守ろうとする機能があるので、乾燥のたびに皮脂がたくさん生まれます。乾燥と皮脂の再生のサイクルが早くなると、オイリー肌になります。
つまり、オイリー肌のもとは、乾燥肌であるのです。

 

オイリー肌の改善は、気持ちの持ち方次第

オイリー肌になると、どうしても

 

「しっかりと顔を洗おう」
「皮脂がたくさんあって顔がテカってみっともないから、顔をきれいにしよう」
「脂っぽくない化粧水を使おう」

 

と思いがちです。

 

まずは、皮脂は悪いものではないから、1週間くらい、肌に刺激を与えるのをやめようという意識を持ってみましょう。

 

実際、皮脂や大人ニキビの原因のアクネ菌は、健康な肌をつくるうえで、絶対に必要なものです。その分泌が多いだけです。少なくしようと思えば、皮脂を洗い落とすのではなく、皮脂の分泌量が適度になるようにしなくてはなりません。

 

それには肌の保湿と、肌に刺激を与えないことが必要不可欠です。
みっともないなあと思うかもしれませんが、顔を洗いすぎたりして、皮脂をたくさん洗い落とさないことが大切です。

 

オイリー肌のニキビケア方法

皮脂をたくさん洗い落とす成分の入った洗顔フォームの使用は控えましょう。

 

弱酸性の洗顔フォームのなかでも、泡のちからで洗えるものを選びましょう。キメの細かな泡をたくさんつくって、泡をクッションにして、泡を肌の上で押したり引いたりしながら顔を洗える洗顔フォームにするのです。

 

一番、肌へのストレスが少ない顔の洗い方です。

 

洗顔が終わると、アルコール成分が少ない化粧水と乳液を使います。
アルコール成分は、肌の脱水作用があります。
できるだけ天然成分100%のものを選びましょう。

 

ホホバオイルなど、アミノ酸系の化粧水は、保湿効果と殺菌効果の両方を持っています。天然のアミノ酸は、昔から保湿と殺菌に使われてきたのです。

 

また、顔がオイリーなので、オイリーな乳液の使用を控えたいと思うでしょうけれど、化粧水は「水」です。肌に与えた水を乳液によってパックしないと、水分はどんどん蒸発していきます。かならず化粧水と乳液はセットで使うことをお薦めします。

 

外出して、顔がテカってきたら、油とり紙で顔を押さえて、テカりをとります。洗顔は朝と夜の2回でだいじょうぶでしょう。

オイリー肌さんのニキビケアテクニック関連ページ

乾燥肌のニキビケア
乾燥肌なのにニキビなんてできるの?と思っている方もいるかもしれませんが、大人ニキビはホルモンバランスが大きな原因なので乾燥肌でもできてしまうことがあります。では乾燥肌でニキビができてしまった人は、どのようなスキンケアをすればいいのでしょうか?