オイルクレンジングを使っている人は要注意!

ニキビ対策には、洗顔の見直しと同様にクレンジングの見直しも大切。

 

メイクは普通の洗顔料や洗顔石けんでは落とすことが出来ないので、
クレンジングを使う必要があります。

 

メイクがよく落ちるのでオイルクレンジングを愛用している人も多いかと思いますが、
実はニキビ肌にはオイルクレンジングはNG。
 
オイルクレンジングがニキビの原因となることがあるので注意が必要です。

 

メイクを落とすクレンジングは肌への刺激が強過ぎることもあるので、
ニキビ予防のためには正しい知識を持ってクレンジングを選ぶ必要があります。

 

肌に優しい、美容液のようなクレンジング・洗顔料はこれ

オイルクレンジングはニキビの栄養源

メイク成分は油性です。

 

油性のメイクを落とすには単なる水では不十分で、油で馴染ませることが必要となります。

 

オイルクレンジングにもメイクを落とすために油が含まれていますが、
この油が実はニキビの栄養源となってしまうのです。

 

アクネ菌の栄養源が人間の皮脂であるように、ニキビの元となるニキビ菌の中には、オイルクレンジングの油がニキビの栄養源となってしまうものがあり、オイルクレンジングを使うだけでニキビを発生・悪化させてしまうこともあります。

 

また、オイルクレンジングは肌にのせてメイクと馴染ませた後、水やお湯でオイルを乳化させて洗い流すという使い方をしますが、オイルクレンジングをよく洗い流せていない場合も多く、
肌に残ったオイルクレンジングがニキビなどの肌の炎症トラブルの原因となることも多いようです。

洗い方にも問題が

オイルクレンジングを完全に洗い落とすためにはかなり長いすすぎの時間が必要となるのですが、
多くの人は完全にすすぎ流す前に止めてしまい、
すすぎ残しが残ってしまうケースがほとんどです。

 

更に、オイルクレンジングの独特のテクスチャーもニキビを悪化させる原因の一つです。

 

オイルクレンジングはサラサラとしたテクスチャーが多いために、
肌にのせてニキビと馴染ませる工程でどうしても肌を強く擦ってしまいがち。

 

こうした肌を擦る刺激によって、角質層が厚くなり毛穴が詰まりやすくなって、
ニキビが発生・悪化してしまうこともあるのです。

 

こうしたことから、オイルクレンジングはニキビ肌には適さないと言えます。

ニキビ肌に適したクレンジングは

では、ニキビを解消するにはどのようなクレンジングを選ぶと良いのでしょうか。

 

おすすめは、クリーム・ミルクタイプのクレンジングです。

 

クリーム・ミルクタイプのクレンジングは油分が控えめなため、
ニキビ肌に刺激を与えすぎないようにマイルドで肌に優しいのがポイントです。

 

また、肌触りや洗い上がりがソフトなため、
過剰に洗いすぎることなく肌の水分量をキープしてくれます。

 

お肌に優しく潤いをキープすることが出来るので、ニキビを発生・悪化させにくいのです。

 

ニキビが出来やすい人、繰り返しニキビで悩んでいる人は
クリーム・ミルクタイプのクレンジングに切り替えると大人ニキビができにくくなりますよ。

 

肌に優しい、美容液のようなクレンジング・洗顔料はこれ

オイルクレンジングを止めるとニキビが治る!?関連ページ

基本のスキンケア
ニキビは、顔の皮脂とアクネ菌がつくるものだから、とにかく顔をしっかりと洗おう!そう言いたいところですが、しっかりと顔を洗いすぎているがゆえに、大人ニキビが治らない女性も多く、顔の洗いすぎが良くないということを言わざるを得ません。
運動で大人ニキビを撃退しよう
大人になってから運動する時間が
ぐっと減ったという方も多いはず。
実はそれが大人ニキビの原因かもしれません。
美容のためにさっそく運動を始めましょう!
ニキビの対策方法

ニキビケアは洗顔後のスキンケアが一番重要と思いがちですが、普段の生活にもニキビケアのためにやってほしい大切なことがあります。
小さなことからこつこつと始めて、ニキビのないお肌を取り戻しましょう!