大人ニキビ対策の総まとめ

 

いくつかの大人ニキビケア方法をご紹介してきましたが、
結局のところ、肌は女性ホルモンという対策のよくわからないものに
支配されていて、また、肌質とは個人差のかたまりですから
万人に絶対的に効果がある大人ニキビケア方法は少ないものです。

 

女性ホルモンのあり方や、肌の個人差を考慮したうえで、
どのような大人ニキビケアをやればいいのか、簡単な3つの方法をご紹介しましょう。


 

野菜中心の生活をする

これは

体内の水分量をほどよく保つこと
ビタミンとミネラルをたくさん摂取すること
を目的としています。

 

肌は個人差のかたまりであり、女性ホルモンのバランスも個人差のかたまりです。

 

ある一定のことをすれば、みんな必ず治る!というものはなかなかありません。

 

しかし、多くの専門家や民間業者の主張を総合的に見ると、体内の水分量を保ち、
ビタミンとミネラルを意識的に多めに摂取していると、
大人のニキビは、予防できたり改善できたりする傾向にあると言えます。

 

忙しい人は、サプリメントでビタミンやミネラルを補助的に補ってあげてもいいかもしれませんね。

 

体をあたためる

これは女性ホルモンのバランスをとる基本です。
骨盤体操をしても女性ホルモンは多少バランスを良くしてくれます。

 

おおいに笑ったり、好きなコトをしたりしても女性ホルモンはバランスを良くします。

 

 

しかし、基本は、体をあたためることです。
半身浴や足湯を積極的におこないましょう。

 

できれば、お風呂に入って、ぼ〜っとしましょう。
現代人の女性ホルモンのバランスの乱れはあたまの使いすぎであると指摘している専門家もいるくらいです。

 

 

あたまを使うと、あたまにばかり血液が流れて、手足やお腹などに血液が巡らなくなります。

 

さまざまな心配事と一緒にみんな暮らしているもので、
そう簡単にあたまから考え事を消すことはむずかしいかもしれませんが
お風呂で温まりながらぼ〜っとする習慣をつけてみましょう。

 

肌の奥までしっかり保湿をする

ニキビケアに大事なことは洗顔と保湿です。

 

肌の奥底に潤いと栄養を与えれば、
ニキビができてしまうほどの過剰な皮脂分泌は収まり、本来必要な量だけが分泌されます。

 

そのためにはビタミンCなどの皮脂分泌を抑える成分が入っていて、それを肌の奥に染み渡らせることができる化粧水が必要です。

 

最近では「高濃度ビタミンC配合」で「高浸透力」の化粧水もでてきています。

 

食生活の見直しや生活習慣の改善をしても大人ニキビが治らないようであれば、
乾ききった肌にごほうびをあげるべく、それらの化粧水を使ってみてはいかがでしょうか。