ニキビとメイク

ニキビができた時のメイク、どうしたら良いの?

大人ニキビが出来ている時に、迷ってしまうのが「メイクをするべきかどうか」ということ。ニキビをそのまま露出しておくのに抵抗があってメイクで隠したい気持ちがある反面、メイクがニキビを悪化させてしまわないかどうかも心配になってしまいますよね。

 

基本的に、ニキビができた時はニキビを更に悪化させないようにメイクは出来るだけ避けたほうが無難です。

 

ですが、ノーメイクでいることでストレスを感じるようであればストレスもまたニキビを悪化させる原因となるので逆効果にもなりかねません。
またノーメイクでいると、ニキビを悪化させる原因である紫外線の影響を前面に受けることにもなります。

 

ニキビができていて外出する必要があるのであれば、ストレス対策と紫外線対策のためにも、薄くメイクはしておくことをおすすめします。

 

大人ニキビがある時のメイクのルール

メイクアップ用品には油分が含まれます。油分はニキビを刺激して悪化させてしまいますし、メイクが毛穴に詰まるとニキビの原因ともなりますので注意が必要です。 

 

特に、ニキビを刺激する可能性が大きいのは、ファンデーション。
リキッドファンデーションやクリームファンデーションはカバー力が高いのが魅力ではあるのですが、油分が多いのがニキビ肌にとっては残念なところ。

 

油分が肌への密着を高めることでカバー力を上げているのですが、その分、毛穴に入り込んで毛穴を詰まらせてしまいニキビを発生・悪化させてしまいます。

 

更に、油分は空気に触れることで酸化しやすく、酸化した油分は皮脂と同じくアクネ菌の栄養源となってしまうので、ニキビを悪化させてしまうことにもなります。

 

大人ニキビができた時は、油分の多いリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションではなく、油分が少ないとされるパウダリーファンデーションやミネラルファンデーションを使うようにしましょう。
最近はニキビケアもできるミネラルファンデーションやコンシーラーなども色々と出て来ているので、活用してみても良いと思います。

 

大人ニキビがある時のクレンジングのルール

ニキビがある時のメイクは出来るだけ厚塗りを避けて薄く仕上げることが大切です。
厚塗りしすぎるとクレンジングする時に大変ですし、落とすのが大変だとその分ニキビ肌への刺激や負担が大きくなり、ニキビを更に悪化させてしまうからです。

 

また、ニキビへの負担を軽減する意味でも、メイクが不要になったらすぐにクレンジングして肌を休ませてあげるようにしましょう。
メイクが残っていると毛穴に詰まってニキビが発生・悪化する原因にもなるので、優しく丁寧にメイクをオフしてあげることが大切です。

 

ニキビ肌のクレンジングはマイルドで肌への負担が少ないとされるクリームタイプのクレンジングかミルクタイプのクレンジングが理想です。
肌への刺激が強過ぎるオイルタイプのクレンジングや拭き取りシートタイプのクレンジングは避けるようにしましょう。

page top