ニキビ専用アイテムの危険性

大人ニキビの特性を知る

思春期のニキビ肌は、うるおいをたっぷり持っています。
大人ニキビの肌は、思春期にくらべて、うるおいがありません。

 

だから、皮脂が良くないといってせっせと皮脂を取り除いていたら、肌の角質は硬くなって肌はますます乾燥していくのです。
大人ニキビ用品の特性を正しく理解して、肌にやさしい大人ニキビケアをしましょう。

 

「爽快感のあるニキビケア用品」の本質

肌に塗るとす〜っとそう快感のある成分が入っているニキビケア用品があります。
す〜っとするのはアルコールがたっぷりと入っているからです。

 

アルコールが蒸発していくときに、す〜っとしたそう快感が生まれるんですね。

 

お父さんが、お風呂からあがって、頭に振りかけていたヘアトニックとおなじです。
ほぼアルコールでできています。そういうものが、肌に良いわけがないです。
肌への刺激が強すぎます。

 

また、アルコールの脱水効果があって、肌がどんどん乾燥します。
大人ニキビケアに必要なのは、肌の保湿です。
保湿をすることで、常に一定量の皮脂が出てくる肌質を目指すことです。

 

ニキビ肌はウエッティーなので、洗顔後くらいす〜っとそう快感を味わいたいと思いますが、ニキビの完治は遠のくばかりです。気をつけましょう。

「殺菌作用のある大人ニキビケア用品」の落とし穴

大人ニキビの原因がアクネ菌の大量発生であれば、殺菌作用のあるニキビケア用品は、一定の効果を発揮すると思われます。

 

菌を殺してくれて、ほどよい量のアクネ菌が肌を守ってくれるようになるでしょう。
しかし、ある程度のところで、殺菌作用のある成分の使用を中止しないと、殺菌作用成分は、肌への刺激へと転じます。

 

殺菌作用のある成分は、肌への刺激が強いのです。

 

極端にアクネ菌が多い場合は、皮膚科に行く。
ある程度治ってきたら、ドクターと相談して、肌への刺激の少ないニキビケア用品に切り替えてはいかがでしょう?

 

大人ニキビの基本ケア

アルコールがたくさん含まれているニキビケア用品や殺菌作用のあるニキビケア用品は、肌への刺激が強い代わりにわりに即効性をもって、ニキビが治る傾向にあります。

 

一時的に使用するぶんにはいいと思いますが、できるだけ短期間の使用にして、あとは、美肌づくりのスキンケアと同じように、肌へ刺激を与えずに、また十分な保湿ができるように心がけるべきです。

 

ほぼすべてのニキビケア用品にはアルコールが入っています。
即効性を求めたり、製造コストを抑えるために、メーカーが独自に配合しています。

 

天然成分100%の保湿液を使用した方が、肌は美しくなって、大人ニキビは治りやすかったりもします。

 

大人ニキビ治療薬の過信はNG!関連ページ

まちがったスキンケアとは

スキンケア用品や大人ニキビ専用ケア用品が、たくさん売られているので、どれも大人ニキビを治すのに効果があるのかな?と思いきや、そういうことでもありません。ちょっとこれは使用しない方がいいのでは?と思われるニキビケア用品を例に挙げてみていきましょう。