大人ニキビとホルモンの関係

大人ニキビとホルモンバランス

大人ニキビは、思春期のニキビとちがって、女性ホルモンのバランスが関係しています。

 

思春期は男女おなじような原因で生まれたニキビも、
大人になるにつれて男女別々の原因とその対策が出てきます。

 

生理前ニキビの対処法についてはこちら

女性ホルモンと大人ニキビ

ふだん、美しい肌であっても、生理の前になると、ニキビが出てくる女性がいます。

 

生理前になると黄体ホルモンの分泌がさかんになって、
卵胞ホルモンと呼ばれる美肌をつくるホルモンの活動が低下します。

 

その結果、生理前に大人ニキビが出てくることがあります。

 

適度に洗顔をして肌を清潔に保ちつつ、
肌の保湿を行っていると生理が終わる頃にニキビは消えるでしょう。

女性ホルモン対策=ストレス対策

生理は黄体ホルモンと卵胞ホルモンの分泌量の差によって生じる生理現象ですから、
生理前にニキビが出ても、さほど心配することではなく、むしろ健康な証拠であると言えます。

 

しかし、「生理が終わってもずっと大人ニキビが治らない」という場合は、
その原因はストレスであると言ってもいいでしょう。

 

ストレスは女性ホルモンのバランスを崩して、
体内を乾燥させたり、血流を悪くさせたりします。

 

つまり美肌をつくる卵胞ホルモンは、常にその分泌量がストレスよって左右されているのです。

ストレスが解消できない人は?

ストレスは私生活の見直しや睡眠などが大きく関わってきて、
なかなか基礎化粧品では解決できないのが難点です。

 

しかし、ホルモンバランスを整える香りを使用したり、イソフラボンを配合したりして女性ホルモンに働きかけるニキビケア化粧品も最近売り出されていて人気が出ています。

 

どうしても日々ストレス解消が難しくニキビに悩まされているという方は使用してみてもいいかもしれませんね。

 

ホルモンバランスにアプローチしたニキビケア商品はこちら

 

ストレスが増えると男性ホルモンが優位になる

ストレスが増えた女性の体内は、黄体ホルモンの活動が優位になります。

 

黄体ホルモンは、男性ホルモンと似たようなはたらきをするので、
ストレスを受けた女性のカラダは男性チックになります。

 

たとえば、胸が小さくなっていきます。
髪の毛がぱさついてきて、女性本来の豊かなボリュームのある髪質ではなくなります。
肌質もかさついて角質が硬くなります。

 

女性ホルモン対策の概要

女性ホルモンのバランスを整えようと思うのなら、ストレス解消することが何よりです。

ホルモンバランスが悪い時、あるいはストレスがある時とは、脳に血液の多くが巡っている時です。

 

血液は、髪の毛や肌、爪など、女性らしさの象徴でもあり、また、生命の維持に関係のない場所にはなかなか巡らないものですが、ストレスによってその傾向が一層顕著になっています。

足湯をするとか、半身浴をするなどして、カラダ全体の筋肉を緩めてあげて

あたまをからっぽにしてぼ〜っとしていると、カラダの末端にまで血液が巡って
ホルモンバランスが整いやすくなります。

 

女性らしいキメの細かなやわらかい肌は、不要不急のものをつくる卵胞ホルモンがつくっている以上、ときにはあたまの中をからっぽにして卵胞ホルモンを優位にはたらかせてあげないといけないのです。

page top