女性の大人ニキビの原因

大人ニキビと言えばなんとなく聞こえはいいものですが、
要するに「吹き出物」です。

 

あまり美しくないコトバの響きですよね。
大人ニキビは、思春期のニキビと違って多くの原因があります。

 

思春期を過ぎて、カラダのすべてが女性ホルモンという、
魑魅魍魎(ちみもうりょう)としたものに支配されているので、大人ニキビの原因はたくさんあるのです。

 

冷静に対応していきましょう。


大人ニキビの原因

(1)ストレス

大人はストレスでニキビができます。
ストレスは女性ホルモンのバランスを大きく崩すものです。

 

ホルモンバランスが崩れた肌は、血液の巡りが悪くなり、さらにホルモンバランスを悪いものにさせます。
すると、肌から過剰に皮脂が分泌されて、ニキビの原因となるのです。

 

誰でも気をつけているようで、ストレスは気をつけようがないのでやっかいなものです。

(2)体質

思春期を過ぎても、体質が変わらない女性は、大人になってもずっとニキビが出ます。
皮脂の多い体質の女性や、内臓が弱い体質の女性などが該当します。

 

内臓機能はある程度生まれつきの強さ、弱さがあるので、刺激物をたくさん食べない(飲まない)など、自分の体質を知って、上手に対応することが求められます。

 

(3)生理

生理の2週間前から直前まで、黄体ホルモンの活動が活発になります。

 

黄体ホルモンは、男性ホルモンと性質が似ているので、皮脂の分泌が盛んになって、ニキビができやすくなります。

 

(4)アクネ菌

思春期のニキビでもアクネ菌が原因であることがあります。
アクネ菌は、肌に常に存在する菌ですから、年齢を問わず、アクネ菌が原因でニキビができます。
 
アクネ菌は毛穴が皮脂などでふさがれて酸素が減少すると繁殖します。
逆に、肌が乾燥するとアクネ菌の活動は低下して、肌のバリア機能を失うので、ニキビができます。非常にやっかいな菌です。

 

皮脂が多いからといって、顔を洗いすぎてもニキビになるというのは、このアクネ菌に由来しているのです。

(5)冷え性

冷え症が原因でニキビが出ることもあります。
冷え症自体は、自律神経の乱れでよく起こります。

 

自律神経が乱れて、冷えが起こると、肌に適度な栄養が供給されなくなります。
よって、肌がカサカサしたり、毛穴に老廃物が溜まったままになったりします。
肌のターンオーバーが適度に行われないのです。

(6)スキンケア

顔の洗いすぎで皮脂が大量になくなると、顔の肌は乾燥して、ニキビを生みます。
また、常に保湿成分たっぷりの美容液をつけていると、今度は皮脂過多の肌質になって、大人ニキビが生まれます。

 

乾燥させず、保湿しすぎずといった、微妙なさじ加減が必要になってくるのが、大人のスキンケアです。

 (7)便秘

腸は、体内でもかなり広い面積を占めるので、腸内のコンディションは、そのまま肌に出てきます。
便秘がちで、腸内に活性酸素が溜まると、ニキビはすぐに出てきます。

TOPへ