お酒とニキビ

一見関係がなさそうに見えるお酒とニキビですが、お酒がニキビの原因となる理由はちゃんと存在するのです。

 

その理由を知ると、ニキビの改善・予防の観点から上手なお酒との付き合いかたが見えてくるはずです。

お酒がニキビの原因となる理由

お酒の糖分が体内のビタミンを消費してしまう

お酒はその原料や製造過程において糖分が必要です。
お酒には糖分がたくさん含まれており、お酒を飲むと、糖分を分解するために体内のビタミンB群が大量に消費されてしまいます。

 

ビタミンB群は皮脂分泌を抑え肌の皮脂量の調整を行ったり、健康な肌を生成したりする働きがあるのですが、お酒を飲むことでニキビ予防と解消に役立つ栄養素が大量に消費されてしまうため、ニキビができやすい状態になってしまうのです。

お酒は活性酸素を作り出してしまう

お酒のアルコールは体内の活性酸素の働きを活性化させてしまいます。

 

活性酸素は、皮脂を酸化させてニキビを作り、炎症を悪化させたり、メラニン色素の生成を促しニキビ痕を作ったりと、ニキビの発生からニキビ痕の生成まで関わってきます。

お酒は肝機能を低下させてしまう

お酒を飲むとアルコールの分解のために肝臓に負担が掛かります。

 

肝臓は体内の解毒作用を担っているのですが、肝臓の持つ毒素を分解する機能が低下すると、体内に毒素が回りやすくなってしまい、体の調子はもちろん肌の調子も悪くなってしまいます。

お酒は生活習慣を乱してしまう

お酒を飲むと、どうしても就寝が遅くなったり、睡眠が浅くなったりしがちです。

 

こうした不規則な生活や、睡眠の量と質の低下により、ホルモンバランスが乱れたり肌のターンオーバーが乱れたりしてニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

お酒は炎症を悪化させてしまう

お酒を飲むと血行が促進されることから、炎症が起きている場合には炎症が更に進行してしまいます。
ニキビ、特に赤ニキビは肌が炎症を起こしてしまっている状態なので、お酒を飲むとニキビが悪化してしまうのです。

お酒のツマミがニキビを悪化させてしまう

お酒を飲むと、ツマミに脂っこい食事を食べたくなったり、チョコレートやナッツなどの脂質が多い刺激物を食べたくなります。
こうした脂っこい食べ物は、過剰な皮脂分泌を誘因しニキビの原因ともなります。

 

お酒を飲む時の注意点

このように、お酒の飲み過ぎはニキビの原因になります。
ですが、お酒にはストレスを発散させるという良い効果もありますし、社会人であればある程度お酒のお付き合いも必要となるため、全くお酒を飲まないでいることが難しい人もいるはずです。 

 

お酒を飲むのであれば、お酒を飲む時に消費されるビタミンB群を積極的に摂取したり、飲み過ぎないように量を調整したり、深夜まで飲み過ぎたりして生活習慣を乱さないように心がけるようにしましょう。

 

ビタミンB群とは、レバー、ほうれん草、納豆、卵、まぐろ、鶏肉、アボカド、イワシ、豚レバー、鶏レバーなどに含まれるので、ツマミを選ぶ時に意識してみると良いと思います。

 

お酒はたしなむ程度にして、上手にストレス発散させて、ニキビを悪化させないようにしましょう。

TOPへ