ニキビの違い、“T”と“U”

多くの場合、ニキビは10代までと20歳を超えてからだと、顔にできる場所に違いがあります。

 

思春期の頃のニキビは、おでこや鼻といった場所にできがちです。

 

対して20歳を超えてからの”大人ニキビ”は、口の周りや顎、頬やフェイスラインというあたりに目立ってきます。

 

つまり思春期の頃は「Tゾーン」に、大人になってからは「Uゾーン」へとなってくるのです。
この違いからも、大人になってからのニキビはそれまでとは違うもの、と想像できますね。

カサカサなのに、ニキビが!

年齢が高くなってくるにしたがい、お肌の若々しさ、みずみずしさは失われていきます。

 

これは老化によるもので、顕著になってくるのは30代以降ですが、実は20歳を超えたあたりから多くの人が衰え始めています。女性は年齢とともにだんだんと、「お肌が乾燥している」という悩みを持つ事になるのですね。

 

ただ、「十代の頃は脂っぽくてニキビに困っていたけど、お肌が乾燥すれば無くなるから良いかも」と考える方もいるかもしれません。

 

プラス思考なのはとても良いことですが、ちょっと待ってください。

 

「アレッ? フェイスラインにブツブツが・・・」と大人になってからも悩む事が実は多いのです。お肌が乾燥しているのにニキビで悩むなんて、一体どういう事でしょう?

乾燥した肌も、ニキビのできやすい状態をつくりだしています

ニキビの原因は、皮脂が毛穴に詰まってしまう事にあります。

 

10代の頃は皮脂の分泌が活発になるので、納得ですね。顔の中で特にこの分泌量が多い「Tゾーン」にニキビが多くできてしまうのは、このためです。

 

ではオイリーでない、乾燥肌の状態なのにニキビができてしまうという理由ですが、まず乾燥肌により皮脂の分泌量が少なくなってしまい、皮脂膜が十分つくれないという事にあります。

 

皮脂膜はお肌の「バリア機能」の役割を果たしますので、それが少ないと角質層の水分が大量に蒸発してしまうのです。水分が無くなった角質層は古く、硬くなっていきます。そして毛穴はだんだんと細く、弱くなっていきます。

 

こうなってしまうと、毛穴はわずかな皮脂でも詰まってしまいます。
また、乾燥したお肌は外からの刺激を受けやすくなっているので、皮脂は過剰に分泌をされていきます。

 

弱った毛穴と過剰な皮脂、これが、大人ニキビへと繋がっていくのです。

バリア機能を高めるスキンケアを

お肌のバリア機能を高めるニキビケアとして高い評価を受けているのが、ビーグレンの「QuSomeモイスチャーゲルクリーム」です。

 

独自のテクノロジーにより、水分を角質層の奥へ引き込みながらお肌が水分を保持するための能力を高めてくれます。そして、バリア機能も向上させてくれるのです。

 

またお肌の乾燥の大きな原因となるのが、刺激が強い洗顔剤の使用。

 

ビーグレンのニキビケアセットには、お肌にやさしい「クレイウォッシュ」という洗顔剤も揃っています。

 

もちろん毛穴を詰まらせ、ニキビの原因となる古い角質や余分な皮脂、メイク汚れはしっかり洗い流せて、うるおいもキープ。

 

ニキビの悪化を防ぐグリチルリチン酸ジカリウムという成分が配合されているのも、ニキビケア商品だからこそですね。

 

>>ビーグレンの詳細はコチラ<<