ニキビ跡の悩みといえば、やっぱりアレでしょう

多くの人が思春期の頃あたりから悩む事になるニキビ。
大人になっても“ふきでもの”、あるいは大人ニキビなどと呼ばれ、悩み続ける人が多いですね。

 

そんな嫌なニキビも治す事ができます。
しかし、キレイに治すというのはなかなか難しいものです。そう、炎症などによりニキビ跡として残ってしまうのです。

 

このニキビ跡にも、いくつかの種類があります。

 

そして最も多いのがデコボコとした、凹凸のあるお肌になってしまう悩み。
「クレーターのようなお肌」なんて嫌な表現もされがちですね。

 

他にも赤みが目立ったり、毛穴が黒ずんだりしてしまうといったお悩みもありますが、圧倒的に多いのがクレーター状のニキビ跡に関する悩みです。

クレーター状のニキビ跡ができてしまう原因は、お肌のダメージ

悩ましいクレーター状のニキビ跡の原因は、一体何なのでしょうか。

 

まずこうしたニキビ跡ができがちなのは、自分でニキビを潰す事にあります。
あまり好ましい事ではないとわかっているのに、早く治したかったり暇つぶしで触っているうちに止められなくなったりで、ついつい潰してしまいがち。

 

ニキビの原因としてよく知られるのが、お肌のアクネ菌の増殖。

 

これが発端となって毛穴、その周辺組織を破壊していきます。
このダメージが真皮層で起こる事で、コラーゲン組織が破壊され落ちくぼんでしまった状態、すなわちクレーター状のお肌へとなっていくのです。

 

これは体質や肌質、あるいは精神的なストレスも関係すると言われていますので、個人差があります。

 

一番良いのは、最初から正しいニキビケアを行う事です。
もし症状が進行しても赤ニキビの初期の段階で対処できていれば、深刻な凸凹肌へはつながっていきません。

 

けれども、もしクレーター状のお肌に既になってしまっているというお悩みの場合は、どうすれば良いのでしょうか。

ニキビが治った後のケアをする化粧水が存在

一般的に知られるニキビケアと言えば、できてしまったニキビに対処するといったお薬などでしょう。

 

ただ実際には最初にも書いた通り、多くの人が治った後の“クレーター状のお肌”に悩まされています。さらに赤み、黒ずみといったお肌のトラブルもありますね。

 

つまりニキビケアは、治った後も大切。そのための化粧水が、実はあるんです。

 

デコボコしたクレーター状のお肌、あるいは赤みや黒ずみにしっかり対処して、モチモチの潤い肌にしてくれると話題なのが「リプロスキン」という化粧水です。

 

もともと扱っていたニキビケア商品の利用者から、「治ってもその後のケアがうまくいかない」という声が多くあったためにつくられたという商品。

 

まさに、“治ってからのニキビケア”のための美容アイテムと言えそうです。

 

目指すのは、「スキンケアの効果を高め、健やかなお肌になっていく」という事。
お肌の柔軟性を高め、美容成分を深く浸透させる働きを持っているので、ニキビ跡のケアだけでなく、美しく健康なお肌づくりにも役立っていきそうです。

 

>>リプロスキンの詳細はこちら<<