ニキビ対策のための洗顔方法

正しい洗顔をしよう

顔にできる大人ニキビを解決するのに、洗顔はとても重要です。
人は外気に触れるだけで、細菌が顔に付着しますし、皮脂といった老廃物が毛穴に分泌します。

 

ですので、その日付着した細菌、皮脂、老廃物は、その日のうちに洗い流さなければ、すぐに白ニキビを作り出してしまいます。

 

しかし、毎日洗顔している人は多くとも、正しい洗顔をしている人はどれだけいるでしょうか。

 

正しい洗顔方法を覚えて、大人ニキビのできにくい肌質を保ちましょう。

クレイがおすすめ

シャンプーや洗顔料には「界面活性剤」という汚れを落とす成分が含まれています。
これは泡立ちに作用し、泡立ちがいい洗顔料ほど界面活性剤が多く含まれている傾向にあります。
しかし、これはお肌には刺激が強く、余分な皮脂を落としてしまうほか、かぶれなども引き起こします。

 

クレイタイプは泡立ちが少ない分肌に刺激がありません。界面活性剤不使用のものがあれば、さらにいいでしょう。

 

皮脂が多い部分を意識して洗顔

多くの方は顔に満遍なく洗顔を塗っていることでしょう。
しかし、特に注意して洗顔をしなければならないのは額と鼻にかけてのT字ラインです。
この部分は皮脂が多く、ニキビもできやすいので重点的に行う必要があります。
逆にそれ以外の部分に関しては、優しく撫でる程度でかまいません。

 

洗顔のあとは化粧水を

洗顔を行ったあとは、汚れだけではなく皮脂も洗い落としていることが多々あります。

 

皮脂は多すぎれば大人ニキビの原因になりますが、適量ならば水分の蒸発を守ってくれる役割があります。

 

それゆえ、洗顔のあとは乾燥肌になりやすいため、しっかりと化粧水で保湿しなければなりません。

 

最近はビタミンやヒアルロン酸などが含まれている化粧水が定番ですね。自分の肌質に不足しているものを補ってくれる化粧水を使用しましょう。

 

正しい洗顔がきちんと行えていると、それだけで大分大人ニキビの発生率は低くなるはずです。
それだけ毎日の洗顔が重要ということなので、今一度正しい洗顔方法を見直してみてください。

page top