ニキビケアには誘導型化粧水を

誘導型化粧水でアフターケアを

近年化粧関連商品で最も注目されている技術が「誘導型」です。
大人ニキビは思春期のニキビとは異なり、頑固で治すのに時間がかかります。
また、年齢がかさむごとに肌は当然衰えていき、肌が入れ替わるターンオーバーの周期も序々に狂いが生じてきます。

 

そこで、ニキビに悩む大人の女性に注目を浴びたのが誘導型化粧水なのです。

 

肌に栄養を送る方法

肌に栄養を送る方法は2つ。1つは食事による摂取です。そして、もう1つは化粧水などで直接肌に染みこませる方法です。
しかし、これらの方法では共通して言えるデメリットがあります。
それは「本当に肌に吸収されるのは微々たるもの」ということです。

 

ビタミンC、イソフラボン、コラーゲン、プラセンタなど、肌細胞を活性化させたり、肌を若返らせたりする成分が含有されている化粧水は現在では当たり前になっていますね。
しかし、いくらこれらの成分が含まれていても、肌がしっかりと吸収しなければ意味がありません。

 

そこで問題視されていたのが「ビタミンC」でした。
気軽に摂取できるビタミンでありながら、吸収率が悪いのが玉に瑕でした。

ビタミンC誘導体化粧品

近年定番となっているのは「ビタミンC誘導体化粧品」です。肌を若返らせ、ターンオーバーを正常にすることから大人ニキビに悩む人の間でも支持されています。

 

ビタミンC誘導体というのは、ビタミンCと同じ効果を持つ成分を人工で生成したものです。ですので、浸透率、吸収率がとても高いのが特徴となります。

 

 

油溶性と水溶性

ビタミンC誘導体には油溶性水溶性の2種類あります。

 

油溶性は毛穴の奥まで浸透するのでお肌には効果的です。
また、水溶性と比べると刺激が少ないのも注目の点です。
しかし、油成分なので、脂性の方が使うと、より悪化する可能性が否めません。
 
分泌された油が固まると、皮脂になって大人ニキビの原因となるのは言うまでもありません。 対して水溶性は皮脂の分泌を抑えてくれます。

 

油溶性と比べると浸透率は悪く、刺激も多いと説明しましたが、しかし、それほど気になるところでもないと思います。

 

自分が脂性肌かどうかで、油溶性と水溶性を見極めるのがいいかもしれません。

page top