皮膚科で漢方

最近は皮膚科で漢方を処方するところも多くなってきました。
特に大人ニキビに悩んでいる方には漢方が処方されます。

 

漢方はもともと東洋医学が発祥です。
身体の悪い物質を浄化することによって、体内を健康にし生命力、活力を回復させることができます。

 

昔は漢方と言えば、「これは古くからリュウマチに効くとされている」などと、民間療法の気が強かったのも事実ですが、現在では医学的にも研究されて、本当に効果のあるものが市販されています。

漢方は必ず処方してもらいましょう

漢方はドラッグストアやネット通販でも手に入れることができますが、これはおすすめできません。
例えば大人ニキビと一概に言っても、その原因や症状はさまざまです。
原因と症状によって、処方される漢方は異なりますし、仮に同じ効果を持つものでも、含有成分に差がでないとおかしな話ですね。

 

市販されている大人ニキビケア用品ではそれが不可能ですが、漢方では可能なのです。
つまり、漢方のメリットは「オーダーメイドができる」ことにあります。

 

個人差の激しい大人ニキビには特に重要な要素と言えます。
ですので、漢方を処方されるときは、医師から問診がありますし、検査も必須となります。

漢方で健康な身体になる

漢方は身体の内側から人間の本来持つ生命力、回復力を促進することに意義があります。
新陳代謝、自律神経、ホルモンなど、人間が健康体を保ち、活動するのに必要不可欠な要素を改善へと向かわせます。

 

その結果、身体が健康になれば、当然大人ニキビといった皮膚にまつわる病気も治ります。

 

漢方の処方方法

漢方の処方方法は大きく分けて2つあります。
1つは身体全体を健康にして、その副産物として大人ニキビを治す方法。

 

もう1つはピンポイントに患部を治す方法です。大人ニキビの場合だと乾燥肌や脂性肌を治すような成分が処方されるでしょう。

 

どちらが適しているかは、患者の症状と原因によって異なりますので医師の判断に委ねられることとなります。

 

TOPへ