抗菌剤とは?

皮膚科で処方される薬として、最も一般的なものが「抗菌剤」です。「抗生物質」とも言いますね。
これは外用薬と併用して処方されるのが一般的となっています。
しかし、抗菌剤、抗生物質といった内服薬にはデメリットもあることを覚えておきましょう。

 

抗菌剤はニキビ治療薬ではありません

抗菌剤と言っても含有成分はいくつもあり、それぞれ退治する菌が異なります。

 

一般的に大人ニキビの原因となる細菌は「アクネ菌」と言われていますが、実は現時点では、このアクネ菌を退治、及び増殖を防ぐ専用の抗菌剤というのは開発されていません。

 

では、処方される抗菌剤はなんなのか。
それは平たく言えば「もしかしたらアクネ菌の増殖を防げるかもしれない薬」と言うに留まります。

 

例えば、大人ニキビの抗菌剤として処方される内服薬の中には、中耳炎、口内炎、インフルエンザ感染、風邪などでも同じ薬を処方することもあります。

 

このように、抗菌剤は複数種類あるものの、いずれもピンポイントで症状の悪化を食い止め、原因を根絶するものはないのが現状です。

 

ですので、抗菌剤を処方されたからと言って、「これで大人ニキビが治る」と思うのは時期早々と言えるでしょう。

 

抗菌剤の副作用も理解しましょう

抗菌剤は万能薬でも特効薬でもないことが分かりましたね。
また、抗菌剤にはある2つの副作用も懸念されます。

 

1つは眩暈や頭痛、吐き気などを催すことです。
薬全般の副作用にも言えることですが、抗菌剤でもこれらの諸症状は発生することがあります。

 

もう1つは「耐性菌」です。抗菌剤を長期に渡って使用し続けると、稀に耐性菌となり、抗生物質の一切が効かなくなってしまうことがあります。

アクネ菌が原因の大人ニキビは実は少ないのです

ニキビの原因となる細菌はアクネ菌ですが、実はこれは思春期ニキビの要素が強く、大人ニキビの大半の原因は煙草やストレス、自律神経、ホルモンバランスの乱れから来るものと推測されています。

 

故にこれらが原因の場合は抗菌剤は一切効果がないので、副作用の分だけ身体に悪影響を及ぼします。
大人ニキビの原因は個人によって異なるため、専門医師に原因を解析してもらい、正しい処方を受けることをおすすめします。

抗菌剤でニキビは治る?関連ページ

漢方で大人ニキビを治そう!

漢方と聞くと、中国4千年の歴史のちょっと古臭い薬というイメージがありますね。 「本当に効果あるのかなあ」と疑わしく感じている方もいることでしょう。 しかし、漢方も含有成分とその効果がはっきりしているものであれば、信用に足る薬であると同時に効果も期待できます。
外用薬でニキビを治す際の注意点!

ニキビを治すために病院に行くとやはり塗り薬が処方されます。
即効性があり一時的に効くものの、効果が高い分やはり使用には注意が必要です。このページで確認していきましょう。