費用はいくらくらい?

クリニックでニキビ治療を受ける場合は、そのほとんどが自由診療です。
皮膚科で保険適用の治療を受けたあとに、クリニックに行くとその金額の違いにびっくりするかもしれません。

 

ただし、病院にはない専用の美容機器も豊富に揃っていますし、施術の腕は往々にしてクリニックの医師の方が上です。
場合によってはクリニックに通うこともでてくるでしょう。

 

自由診療の落とし穴

自由診療とは簡単に言えば、「保険が利かないこと」です。
これは言い換えれば「クリニック側が自由に料金を設定することができる」のです。
同じ治療方法でもクリニックが異なれば料金に大きな差がでることはよくあります。また、医師の経験も差が出ますので、失敗してしまった、という患者もいるでしょう。

気になる費用はやはり高め

一番高いのはやはりピーリングですね。
一回の施術で5万円は下りません。光治療で5千円から1万円の幅、注射や点滴は3千円から5万円です。プラセンタ点滴になると、1万円前後考えておきましょう。
一番安いニキビ圧出は3千円以内に収まりますが、それでも初診料など含めると1万円近くかかってしまいます。

複数回通って初めて効果がでます

「5万円で長年悩んでいたニキビが治るんだったら安いものよ」と考える方もいらっしゃいますが、これはあくまでも1回の施術料金です。
往々にしてクリニックでの治療というのは複数回通って初めて一定の効果を得られるものです。
中には10回以上通わなければ効果が出なかった、という患者もいます。すると、単純に上記の10倍の金額が発生することとなりますね。

クリニックの必要性

クリニックは大人ニキビに悩める患者の最終手段として利用されがちです。
しかし、仮に成功したとしても、何のケアもなく放っておくとニキビは当然のように再発してしまいます。
ここで大切なのは自己管理と危機管理です。
日々の生活習慣を改め、洗顔、化粧水に至るまで、再度見つめなおしましょう。

 

このサイトでも紹介しているように、ビーグレンやクリスタルモーションのような大人ニキビを抑制する化粧品を使用し、改善の糸口を探るのが最適な方法であることに変わりはありません。

TOPへ