ビタミン導入でニキビ肌改善

ビタミン導入とは?

クリニックではビタミン導入をすることも可能です。

 

これは主にビタミンCとビタミンEをお肌に浸透させることによって、お肌のターンオーバーを正常化させ、潤いを持たせることができます。

 

施術方法も注射やレーザーなどは使わず、顔パックによる治療方法なので、副作用やお肌を傷つける心配もありません。

 

内服型との違いは決定的です

しかし、「ビタミンならばサプリや食事から摂取できるのでは?」というお声も聞こえてきそうですね。

 

確かに、ビタミンCやEはサプリや食事での摂取も可能です。

 

しかし、口からの摂取と顔パックによる直接浸透させるのとでは、「浸透力」に決定的な違いがあります。

 

サプリや食事などで口からビタミンを摂取した場合、その半分は身体に吸収されることなく尿となって排出されてしまいます。

 

また、ビタミンが顔、大人ニキビの患部まで行き渡る保証もありませんね。

 

しかし、顔パックによるビタミン注入であれば、確実にお肌、患部に浸透させることができます。

ビタミンのイオン化が大人ニキビ改善の鍵

クリニックでは、顔パックでビタミンを浸透させると同時に、微電気で肌に刺激を与えてさらに、毛穴の奥深くまで浸透させることができます。

 

これが「ビタミンのイオン化」と呼ばれるものです。
ちょっと前まではビタミンEのイオン化は難しかったのですが、最近はビタミンEのイオン化に成功し、ビタミンCと同時に浸透させることができるまでに至りました。

 

自己治療はおすすめできません

イオンによるビタミン導入は、最近ではネット通販で微電気を発する機器を購入することで、自宅にいながらにして肌ケアをすることができるようになりました。

 

大人ニキビに悩める人は、あの手この手を使ってしまいがちですが、これはおすすめできません。

 

微電気の強弱、イオンとビタミン濃度をすべてコントロールしなければならなく、どちらが強すぎてもお肌に刺激が強すぎて、最悪逆効果になってしまいます。

 

専門クリニックで大人ニキビの症状を医師に診てもらった上で、適切なビタミン導入をしてもらいましょう。

page top