お尻ニキビの悩み

お尻にニキビができてしまうと、なかなかドラッグストアで商品を探しづらいですよね。
スタッフに「お尻ニキビに効く薬ってありますか」なんてことは恥ずかしくて言えません。

 

お尻ニキビの原因は血流の鈍化と肌ダメージ

お尻は皮脂が溜まりにくく、それほどニキビができる場所ではありません。
しかし、デスクワークや長時間の車の運転などをしていると、その間お尻はずっと体重に圧迫されていますね。
お尻にだってたくさんの毛穴はありますし、血液も流れています。
お尻が圧迫され続けると、リンパの流れが悪くなり、老廃物が溜まる原因となります。
また、お尻はパンツ、そしてボトムスと二重に密閉していますので、それだけ蒸れますし、動くたびに擦れて肌へダメージを与えることにも繋がります。

 

お尻ニキビができてしまうと、硬い椅子に座ると痛いですよね。正直人に言える悩みではありません。

ゆったり目のパンツを穿こう

サイズに合っていないきついパンツは毛穴まで密閉することにもなります。夏場は蒸れてしまいますので控えた方がいいでしょう。
できるだけゆったりしたサイズで、お尻の通気性をよくしてあげることが大切です。

 

入浴中の注意点
シャンプーで頭を洗ったあと、ソープで身体を洗ったあと、お尻もちゃんとシャワーで洗ってくださいね。
泡がお尻に付着したままバスタオルで肌を包むと、その部分に泡成分が固まって皮脂になります。
これは毛穴が詰まる大きな原因です。
 
お尻は自分の目では見ることができませんので、手でしっかりと洗ってください。

 

お尻ニキビに使える化粧品

ニキビと言えば顔やデコルテ部分専用の化粧品がほとんどです。
お尻に使えるかどうかは訊いてみないと分かりませんが、やっぱり恥ずかしくて訊けませんよね。

 

ネット通販で世界中から支持されているビーグレンの「Cセラム」は顔だけではなく、デコルテ部分の他背中、腕、そしてお尻にも使用可能です。
CセラムはビタミンCをたくさん配合しているため、お尻に直接栄養補給をして、乾燥と肌荒れから守ってくれます。

 

TOPへ