ニキビ跡はどうすれば?

色素沈着、クレーター状のでこぼこ跡。
ニキビ跡に気づいたときのショックは計り知れませんね。

 

手を触れてみたら、ざらざらとした感触が。
なんとかして目立たないようにしたいと、ついつい厚化粧にもなってしまいがちです。

 

しかし、それではなんの解決にもなりません。

 

時間がかかるのは承知の上。
それでも少しずつでいいので改善のプランを練っていかなければなりません。

 

>>おすすめのニキビ跡ケアコスメランキングはこちら<<

 

シミになる色素沈着にはスキンケア商品を

ニキビ跡の代名詞である「色素沈着」
茶色くシミになった肌はなかなか元に戻りません。

 

解決方法はズバリ、「ターンオーバーを促して、メラニンを排出させてあげる」ことにあります。

 

そのために必要なのは「ビタミンC」です。

 

ビーグレンには高濃度のビタミンC配合の化粧品が発売されていますね。

 

ビタミンCの効果は肌を若返らせることだけではなく、メラニンの生成を抑え、シミを淡色にする効果があります。
そのため、間接的に肌のターンオーバーを促すこととなりますので、十分効果が期待できます。

クレーターのニキビ跡

最も危険なでこぼこニキビ跡

 

ピーリングや外科治療を施しても完治することは正直難しいです。
ただし、目立たなくすることはできるので、諦めることはありません。

 

でこぼこ跡は肌にダメージを負ってしまったことが原因です。

 

そのため、改善の手口は肌を再生させるか、回復させることです。

 

前者はクリニックで専門的な治療が必要ですが、後者であれば、自宅ケアでも十分です。

 

肌をこれ以上刺激しないために、洗顔の選別にも注意してください。

 

ビタミンC美容液の選び方にも注意

ビタミンCは肌の回復、コラーゲンの生成を助ける効果がありますが、しっかりと浸透しなければ意味がありません。

 

例えばビーグレンのような高濃度で、それでいて特許を持つ浸透成分が配合されているスキンケア商品を選びましょう。

 

白ニキビと赤ニキビの場合は、これ以上肌に負担をかけないで、適切な肌環境を整えることで治療の余地がありました。

 

しかし、ニキビ跡の場合は、さらに一歩踏み出して、ターンオーバーの正常化、肌の回復を促してあげることが大切です。

 

TOPへ