ニキビ跡

ついにできてしまったニキビ跡。
色素沈着、クレーター状のでこぼこ跡など、ニキビ跡と言っても種類はいくつかあります。ただし、ニキビ跡は往々にして赤ニキビの発展型です。

 

本来ならば
白ニキビの段階で治し、最悪でも赤ニキビでしっかりとケアをしておきたいところです。

 

とはいえ、ニキビ跡ができてしまっても諦めることはありません。的確な治療、化粧品の使用を用いれば改善の余地はいくらでもあります。

 

 

茶色いシミのニキビ跡

茶色いシミの原因はメラニンの過剰生成にあります。

 

大人ニキビが悪化すると、肌はばい菌から毛穴を守ろうと防衛反応が働きます。
それがメラニンです。これは紫外線に対しても同じですね。
日焼けサロンは紫外線を照射してメラニンを過剰生成させているのです。

 

年齢が若いうちは、肌が生まれ変わるターンオーバーが早いので、余分なメラニンは排出されてシミにはなりません。
しかし、加齢とともにターンオーバーがうまくいかず、そのままシミになってしまいます。これが色素沈着です。

 

ニキビ跡に色素沈着を起こした場合、治療法としてはビタミンCやイオン導入など、肌に栄養を与えて、なおかつターンオーバーを促す方法が効果的です。

 

 

でこぼこのニキビ跡

クレーターのようにでこぼこになってしまったニキビ跡。
外見にかなり傷がつくため、男性でも女性でも深刻に悩む問題ですね。

 

すでに肌組織が破壊され、肌のターンオーバーもできないほど深く傷ついているので、完治するのはかなり難しいといころです。

 

例えば、人は怪我をして肌が傷ついたとしても、数週間も経てば傷跡は残りませんね。

 

しかし、でこぼこのニキビ跡はなぜか残ってしまいます。
これは肌組織内部で、肌を形成する細胞分裂がされていないことを意味します。

 

シミタイプであろうと、でこぼこタイプであろうと、この手のニキビ跡はそうそう容易く治すことができません。
自宅ケアを中心に、必要とあれば専門クリニックに相談に行き、治療法を提案してもらいましょう。

 

TOPへ